葉酸を多く含む食品

葉酸が多いレバー類

葉酸が多い食品として最も配合量が多いのがレバー類です。鳥レバーが一番多く、牛・豚と続きます。

 

葉酸は妊婦の方が胎児の健康を保つために良いとされていますが、レバー類は妊婦さんにはあまりおススメできない食品です。ビタミンAを多く含む食品を摂取すると胎児の奇形を起こすと、国立健康・栄養研究所の報告にあります。ただし、葉酸は妊婦の方だけでなく赤血球や細胞の新生には重要な成分で、一般の女性の方も積極的に摂取したいものです。貧血予防としてはレバー類が一番葉酸が多くおススメできます。葉酸が不足すると貧血を起こしやすくなり、月経によって毎月血液が失われる女性にとって葉酸はとても重要な成分です。

 

葉酸を多く含むレバー類は、ビタミンAを多く含むため過剰摂取は避けて、少量食べるようにするのが良いでしょう。加熱によって成分が失われやすく、生のレバーが食べられれば取り入れてみてください。生のレバーを食べるためには新鮮である事が第一条件のため、多くの場合は良く加熱してから食べるようにしましょう。レバーの臭みが気になる時には、牛乳に浸しておくとニオイが消えやすく、レバーが苦手な方でも食べられるようになります。レバニラ炒めや、焼き鳥としてもレバーは美味しくいただけます。

関連サイト